著書紹介

 

相次ぐ人事制度改革ではほぼすべての企業が成果主義を導入した。成果主義の誤った理解により、組織は硬直化し、従来の日本企業のシステムがうまく機能しなくなっている。

この問題点をより具体的に指摘し、実戦的な解決策を提示する。

   横山太郎著
   日刊工業新聞社 2007年3月

 

 

 

 

 

 

リーダーに求められる部下と組織のヤル気を
高める質問術とはいかなるものか。
行動変革に至る実例のストーリーを7つ紹介
しながら、活きた対話がもたらす実際の効果
や、活きた対話を支える原則と心得、質問術
17手を解説する。

     横山太郎著
     日刊工業新聞社 2010年3月

 

 

 

 

 

 

 

アクションラーニングは、問題解決を通して

人を活き活きと育てる人材開発法。
本書は、セミナーを多数手がける著者が導入
の手引きからコツまでを解説した『アクショ
ンラーニングの実践書』。

 

     横山太郎著
     日刊工業新聞社 2010年11月

 

 

 

 

 

 

 

偉大な業績や成功は、組織のヤル気を高め、

逆境をビジネスチャンスに変える「カリスマ
な質問力」に起因している。本書では国内外
の経営者や著名人たちの勇気に満ちた質問を
秀逸のエピソードから紹介。躍動感ある質問
力があなたのビジネスシーンを変えていく。

     横山太郎著
     日刊工業新聞社 2009年9月

 

 

 

掲載誌紹介

月刊人事マネジメント8月号のメイン記事に、弊社代表横山太郎の、
「自社に適した人材評価の進め方」(計13ページ)が掲載されました。
(2014年8月)

日頃のこのテーマに関する所論のエッセンスを述べております。ご関心のおありの方にぜひご一読をお奨め申し上げます。
内容をご覧になりたい方は、pdfファイルをダウンロードいただけます。
ぜひ、感想などをお寄せください。

 

 

「自社に適した人材評価の進め方」

〜ハンドメイドな制度設計・運用で
     全社員の強みを引き出そう〜

自社に適した人材評価の進め方
2014.8JM解説.pdf
PDFファイル 646.0 KB


月刊人事マネジメントに連載記事「横山太郎が語る現場のアクションラーニング」が掲載されました。(2011年1月〜6月)
内容をご覧になりたい方は、pdfファイルをダウンロードいただけます。

ぜひ、感想などをお寄せください。

 



第1回
アクションラーニングに対する誤解をひもとく





2011.1人事マネジメント連載第1回「アクションラーニングに対する誤解をひもとく」
2011.1人事マネジメント#1.pdf
PDFファイル 225.2 KB



第2回
アクションラーニングの真価をもたらす場作り

 

 

 

 

2011.2人事マネジメント連載第2回「アクションラーニングの真価をもたらす場作り」
2011.2人事マネジメント#2.pdf
PDFファイル 211.1 KB



第3回
アクションラーニングにはなぜ即効力があるのか

 

 

 

 

2011.3人事マネジメント連載第3回「アクションラーニングにはなぜ即効力があるのか」
2011.3人事マネジメント#3.pdf
PDFファイル 220.2 KB



第4回
アクションラーニングコーチの決定的な重要性

 

 

 

 

2011.4人事マネジメント連載第4回「アクションラーニングコーチの決定的な重要性」
2011.4人事マネジメント#4.pdf
PDFファイル 225.2 KB



第5回
アクションラーニングの成果を分ける質問力

 

 

 

 

2011.5人事マネジメント連載第5回「アクションラーニングの成果を分ける質問力」
2011.5人事マネジメント#5.pdf
PDFファイル 217.8 KB

 

 

第6回
アクションラーニングの成果を検証する

 

 

 

 

2011.6人事マネジメント連載第6回「アクションラーニングの成果を検証する」
2011.6人事マネジメント#6.pdf
PDFファイル 223.7 KB

 

 

月刊人事マネジメント2009年6月号掲載

講演録「力強いリーダーシップ人材を育てる」

 

 

 

 

2009.6人事マネジメント掲載記事「力強いリーダーシップ人材を育てる」
力強いリーダーシップ人材を育てる(人事マネジメント09年6月号)h.pdf
PDFファイル 885.6 KB

コンピテンシー面接の活用

お問合せについて

公開セミナーの内容やコンサルティング、研修等に関するお問合せは、誠に恐縮でございますが、当社代表電話では対応いたしかねます。

お手数ですが、以下のお問合せフォームにご記入ください。

または当社宛てにメールをご送信ください。

なお、ご返答に多少時間がかかる場合がございますが、ご了承のほどお願いいたします。